手元供養【花てまり】分骨骨壷や遺骨ペンダントを販売、現代供養を提案します
手元供養【花てまり】分骨骨壷や遺骨ペンダントを販売、現代供養を提案します
お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中
【納骨オブジェ】大切な遺骨を納める、手元供養オブジェ「おもいで碑」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。【写真オブジェ】大切な遺骨を納める、手元供養オブジェ「おもいで碑」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。【分骨ミニ骨壷】小さく柔らかなそのたたずまいに誘われて思わず手にすると、ホッとするようなその重厚さに、みなさん驚かれます。磁器のような上質な色彩と質感をもつミニ骨壷です。大切な想いを納める新しいカタチです。【携帯用ミニ骨壷】大切な遺骨を納める、納骨型お守りペンダント「かぐや姫」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。
【刻印ペンダント】大切な遺骨を納める、刻印できる納骨ペンダント。円柱型のペンダントの中にお遺骨・お遺髪・お遺灰などを納めていただくことができます。【遺骨ペンダント】最愛の人への想いを ジュエリーに封じ込めて身につける。新しいカタチの絆です。あなただけの想いを大切に収納して身につけられる。インナーポケット機能付きジュエリーです。【手元供養台】天然木の温もりとお地蔵さまの笑顔で身近な安らぎの場になる「おもいで碑」専用飾り台です。お仏壇や礼壇には置かないけど…という方にお勧め。【ミニ経本 般若心経・お守り】一般的に、現代の日本で写経と言えば、『般若心経』の書写を指すことが多く、その目的も信仰や供養ではなく、学書のために行われている場合も少なくない。亡くなった家族や知人の供養のために、生前に書き残した手紙などを漉返紙や紙背文書として用いて写経する例があります。
飾り台 お香立て > ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台
商品詳細

ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台


ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台
ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台
ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台
ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台

ミニ骨壺を納めて
大切な人を想う空間が、そこに生まれる
―PRESSO プレッソ―。
絆が新たに深まります。
大切な絆を新たに、想いを深めます。

スタイリッシュなデザインで空間を演出する"ALART"とのコラボレーションで誕生したSoul Stage PRESSO ソウルステージ プレッソは、インテリアを選ばず住空間にすっきり調和します。 あの人が好きだった花を挿してみたり、話しかけてみたり。 大切な人への想いと、あなたのための、魂がやすらぐ小さな舞台です。花を替えて、位置をなおして、声をかけて。こうして毎日、すこしだけお世話ができることに、ときめく自分に気づいて、1日が始まります。一輪挿しを美しい曲線でつつんだ“プレッソ 丸タイプ”は、上質な空間にやさしさを表現した親しみやすい想いのステージです。 ガラス製の一輪挿しはお花を活けるとき、本体から取り外せます。
■素材:本体:MDFウレタン塗装、アルミ:一輪挿し(ガラス管)
■寸法:高さ145mm/幅265mm/奥行123mm 一輪挿し(ガラス管):高さ105mm/直径18mm
寸法
【ALARTについて】
ALARTは、1947年創業のアルミ加工工場から生まれたブランドです。固定概念をはなれた独自な発想、使い手の創造性を引き立てるようなデザインなど、クリエイティブなものづくりがコンセプトです。一枚の素材から生み出される曲線や角度を変えるごとに移ろう光など、アルミという素材の可能性を様々に表現します。それぞれのコンセプトに基づいたアイテムは、日本のみならず欧米の美術館をはじめ、華道に精通した各流派の支持を集めグローバルに展開の幅が広がっています。
■お届けまでの日数:ご入金確認後、約1〜2週間

商品番号 2209002351
商品名 ソウルステージ プレッソ 丸タイプ 飾り台
販売価格 24,840円
税別価格 23,000円
配送タイプ 受注生産品

数量:

受注生産商品は、受注生産商品を示し、ご注文を承り商品代金を先にお振込みいただいた後、メーカーに発注、製作、完成後メーカーより直接宅配便にてお客さまの元にお届けします。商品のカラーは、ディスプレイの性質上、実際の色と異なって見える場合があります。返品等については「こちら」をご覧ください。
 法律との関係について
遺骨を自宅保管することは「墓地、埋葬に関する法律」(以下墓埋法)の規定に反するものではなく、公に認められている行為です。お墓に入れなくてはならないという法律や義務は一切ありません。墓埋法は遺体の火葬までを規定していますが、その後の焼骨の扱いは、故人や遺骨の意志で自由に決めることが出来ます。焼骨を加工してメモリアルを作り自宅供養することは、死者を弔う祭祀の行為にあたりますので、法律に抵触することはありませんので、ご安心ください。
Copyright © HANATEMARI All rights reserved.
このサイトの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。