手元供養【花てまり】分骨骨壷や遺骨ペンダントを販売、現代供養を提案します
手元供養【花てまり】分骨骨壷や遺骨ペンダントを販売、現代供養を提案します
お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中
【納骨オブジェ】大切な遺骨を納める、手元供養オブジェ「おもいで碑」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。【写真オブジェ】大切な遺骨を納める、手元供養オブジェ「おもいで碑」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。【分骨ミニ骨壷】小さく柔らかなそのたたずまいに誘われて思わず手にすると、ホッとするようなその重厚さに、みなさん驚かれます。磁器のような上質な色彩と質感をもつミニ骨壷です。大切な想いを納める新しいカタチです。【携帯用ミニ骨壷】大切な遺骨を納める、納骨型お守りペンダント「かぐや姫」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。
【刻印ペンダント】大切な遺骨を納める、刻印できる納骨ペンダント。円柱型のペンダントの中にお遺骨・お遺髪・お遺灰などを納めていただくことができます。【遺骨ペンダント】最愛の人への想いを ジュエリーに封じ込めて身につける。新しいカタチの絆です。あなただけの想いを大切に収納して身につけられる。インナーポケット機能付きジュエリーです。【手元供養台】天然木の温もりとお地蔵さまの笑顔で身近な安らぎの場になる「おもいで碑」専用飾り台です。お仏壇や礼壇には置かないけど…という方にお勧め。【ミニ経本 般若心経・お守り】一般的に、現代の日本で写経と言えば、『般若心経』の書写を指すことが多く、その目的も信仰や供養ではなく、学書のために行われている場合も少なくない。亡くなった家族や知人の供養のために、生前に書き残した手紙などを漉返紙や紙背文書として用いて写経する例があります。
分骨ミニ骨壷 > 漆製ミニ骨壷「蒔絵」ききょう
商品詳細

漆製ミニ骨壷「蒔絵」ききょう


漆製ミニ骨壷「蒔絵」
漆製ミニ骨壷「蒔絵」
漆製ミニ骨壷「蒔絵」
漆製ミニ骨壷「蒔絵」

■あたたかくて、やさしい、本漆のミニ骨壺
ふれた時に感じる本漆のあたたかく、やさしい質感は、大きな安心感をあたえてくれます。本金蒔絵によって描かれた季節のうつり変わりや美しい花々が大切な人をやさしくつつみこみます。
■本漆はあたたかみと強さを兼ねそなえた日本古来の塗装技法です。
漆は英語で「JAPAN(ジャパン)」と呼ばれており、世界的にも認められている日本を代表する伝統工芸です。その強靭な塗膜や構造は、耐水性、防腐性に優れ高く評価されています。その表面は年月が経つ程、漆の艶が増し味わいを深めていきます。
■本金蒔絵は一つ一つ丁寧に手仕事で仕上げられています。
本金蒔絵は、漆で絵や紋様を描き、漆が乾かないうちに金や銀の蒔絵粉を蒔いて仕上げます。上品な高級感をそえる高度な技は伝統工芸師たちの一つ一つの手作業によって仕上げられています。
■飽きのこないシンプルで上質なかたち。
やわらかなラインとふくらみで作られたデザインは茶道具の「棗(なつめ)」の中でもモダンと言われる「中次(なかつぎ)」を思わせる上質で飽きのこないかたちです。
■材質:木地(水目桜)
■塗装:本漆手塗り
■加飾:本金蒔絵
■外寸サイズ:直径45x高さ75mm
■内寸サイズ:直径31x高さ35mm
■重量:60g
■付属品: 銘入り個装箱、ミニ骨壺(個装布付)、山中漆器説明書、お骨の納め方説明書、ちりめんシール(中蓋用)
■お届けまでの日数:ご入金確認後、約4〜5週間
この商品は、受注生産品のため、お支払方法を「ゆうちょ銀行振込」もしくは「福島銀行振込」のいずれか前払いのみとなります。あらかじめ、ご了承ください。
備考
商品の特性上、
封入、使用後の交換・返品はお受けできかねますのであらかじめご了承下さい。(不具合による交換は除く)
ひとつひとつが手作りのため、サイズ、および絵柄が表記や写真と異なる場合がございます。
ご遺骨用巾着はお届け時期によって違う柄、仕様になる場合があります、あらかじめご了承ください。

商品番号 MA003
商品名 漆製ミニ骨壷「蒔絵」ききょう
販売価格 19,440円
税別価格 18,000円
配送タイプ 受注生産品

数量:

遺骨・遺灰の納め方
分骨ミニ骨壷「シンプルモダン」分骨ミニ骨壷「シンプルモダン」

受注生産商品は、受注生産商品を示し、ご注文を承り商品代金を先にお振込みいただいた後、メーカーに発注、製作、完成後メーカーより直接宅配便にてお客さまの元にお届けします。商品のカラーは、ディスプレイの性質上、実際の色と異なって見える場合があります。返品等については「こちら」をご覧ください。
 法律との関係について
遺骨を自宅保管することは「墓地、埋葬に関する法律」(以下墓埋法)の規定に反するものではなく、公に認められている行為です。お墓に入れなくてはならないという法律や義務は一切ありません。墓埋法は遺体の火葬までを規定していますが、その後の焼骨の扱いは、故人や遺骨の意志で自由に決めることが出来ます。焼骨を加工してメモリアルを作り自宅供養することは、死者を弔う祭祀の行為にあたりますので、法律に抵触することはありませんので、ご安心ください。
Copyright © HANATEMARI All rights reserved.
このサイトの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。