手元供養【花てまり】分骨骨壷や遺骨ペンダントを販売、現代供養を提案します
手元供養【花てまり】分骨骨壷や遺骨ペンダントを販売、現代供養を提案します
お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中
【納骨オブジェ】大切な遺骨を納める、手元供養オブジェ「おもいで碑」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。【写真オブジェ】大切な遺骨を納める、手元供養オブジェ「おもいで碑」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。【分骨ミニ骨壷】小さく柔らかなそのたたずまいに誘われて思わず手にすると、ホッとするようなその重厚さに、みなさん驚かれます。磁器のような上質な色彩と質感をもつミニ骨壷です。大切な想いを納める新しいカタチです。【携帯用ミニ骨壷】大切な遺骨を納める、納骨型お守りペンダント「かぐや姫」。お墓がなくても、お仏壇がなくても 心のよりどころとして身近に置いてください。
【刻印ペンダント】大切な遺骨を納める、刻印できる納骨ペンダント。円柱型のペンダントの中にお遺骨・お遺髪・お遺灰などを納めていただくことができます。【遺骨ペンダント】最愛の人への想いを ジュエリーに封じ込めて身につける。新しいカタチの絆です。あなただけの想いを大切に収納して身につけられる。インナーポケット機能付きジュエリーです。【手元供養台】天然木の温もりとお地蔵さまの笑顔で身近な安らぎの場になる「おもいで碑」専用飾り台です。お仏壇や礼壇には置かないけど…という方にお勧め。【ミニ経本 般若心経・お守り】一般的に、現代の日本で写経と言えば、『般若心経』の書写を指すことが多く、その目的も信仰や供養ではなく、学書のために行われている場合も少なくない。亡くなった家族や知人の供養のために、生前に書き残した手紙などを漉返紙や紙背文書として用いて写経する例があります。
骨壷付写真オブジェ > ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」キャメル
商品詳細

ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」キャメル


ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」
ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」
ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」
ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」

■フォトスタンドにミニ骨壺が納まりました。
大切な人の写真や思い出の写真を、ミニ骨壺と一緒にさりげなく飾ることができます。インテリアや置く場所に合わせて、お使いいただく事ができます。
■真鍮とガラスを組み合わせた質感の高いミニ骨壺が納まっています。
ミニ骨壺は真鍮製の円柱型のケースで、その中にご遺骨を入れる為のガラス製の容器が入っています。普段はフォトスタンドの中に、お出かけの時には、一緒に持ち運ぶ事もできます。※ガラス製ですので、過度な衝撃を与えると破損する場合がありますので取り扱いにはお気をつけください。
■メモリアル フォトスタンドは細部にまでこだわったデザインとつくり。
フォトフレーム部分はマグネットを使用しているのでフレームは、縦にも横にもできます。写真をカバーする素材は、アクリルではなく傷のつきずらいガラスを使用。やわらかな質感のフォトスタンドにアクセントとしてステッチをあしらいました。スタンド部は安定感のあるデザインに。
■思い出と、大切な人を一緒にそしてさりげなく。
フォトスタンドにミニ骨壺が納まった 新しいタイプのミニ骨壺です。お手持ちの写真(L判サイズ・89×127mm)を納める事ができます。
■フォトスタンド材質:カラー合成皮革、ガラス、マグネット
■ミニ骨壺材質:真鍮、ガラス
■フォトスタンドサイズ:幅115x奥行75x高さ155mm
■ミニ骨壺サイズ: 直径15x高さ79mm
■付属品:特製個装箱、フォトスタンド、ミニ骨壺、説明書
■お届けまでの日数:約1〜2週間
■一つ一つ手作りの為、仕上りが若干異なる場合がございますのでご了承ください。
■ミニ骨壺へご遺骨を納める時は、お客様の手で大切にお納めください。
■お仏壇へのお供えにもお使いいただけます。
■仕様、パッケージなど、予告なく変更することがあります、あらかじめご了承ください。

商品番号 ME004
商品名 ミニ骨壺付「メモリアルフォトスタンド」キャメル
販売価格 16,308円
税別価格 15,100円
配送タイプ 宅配便

数量:

受注生産商品は、受注生産商品を示し、ご注文を承り商品代金を先にお振込みいただいた後、メーカーに発注、製作、完成後メーカーより直接宅配便にてお客さまの元にお届けします。商品のカラーは、ディスプレイの性質上、実際の色と異なって見える場合があります。返品等については「こちら」をご覧ください。
 法律との関係について
遺骨を自宅保管することは「墓地、埋葬に関する法律」(以下墓埋法)の規定に反するものではなく、公に認められている行為です。お墓に入れなくてはならないという法律や義務は一切ありません。墓埋法は遺体の火葬までを規定していますが、その後の焼骨の扱いは、故人や遺骨の意志で自由に決めることが出来ます。焼骨を加工してメモリアルを作り自宅供養することは、死者を弔う祭祀の行為にあたりますので、法律に抵触することはありませんので、ご安心ください。
Copyright © HANATEMARI All rights reserved.
このサイトの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。